見た目に綺麗にするための時短技とは

家の中が綺麗に掃除されていると、気持ちもすっきりとしてさわやかに過ごせるものです。また、健康にも良いので、家族みんなが元気に過ごせるためにも清潔な環境と言うのは欠かせません。ところが、水回りなどの箇所はすぐに汚れが目立ってしまいますし、頑固にこびりついてしまうので、なかなか簡単に掃除ができないというイメージがあります。そこで、プロのクリーニング業者が行っているような、スピーディーかつ効果的な掃除方法を学んで実践してみましょう。

プロのクリーニング業者が素早く綺麗に仕上げられるのは、適切な道具と薬品を、それぞれの汚れや場所に合わせて使い分けているからです。この汚れとそれに対応した薬品についての知識が、プロと素人の大きな違いと言っても良いと思います。家庭でも応用できる時短技は結構ありますので、基礎的なことだけでも知っておくと良いでしょう。「掃除の仕方の基本!効率的な手順や順序はあるの?/コジカジ」や「ノブナガのダイドコロ」というサイトなどでも、それぞれの箇所の汚れのタイプや、その汚れにはどんな掃除の仕方が合っているのかを教えてくれていますので、こうしたサイトをチェックするのもありだと思います。

たとえば、水垢にはクエン酸、ガスレンジや電子レンジには重曹、シンクにも重曹、カビには塩素という、いわゆる定石を教えてくれていますので、それを覚えておくと便利です。間違った薬品を使って一生懸命掃除してもあまり効果はありませんので、適切な薬品を汚れごとに使い分けることで、スピーディーかつ綺麗に掃除ができます。そのため、より簡単に掃除ができるように、洗面所のシンクにクエン酸と重曹、ガスレンジ周りの棚に重曹、お風呂近くの引き出しに塩素スプレーと、必要な時にすぐに使えるように、それぞれの薬品を置いておくと良いでしょう。

使いやすいように、薬品を小分けにしておき、スプレーや小瓶に入れて置くのも便利です。そして、それぞれの薬品と一緒にゴム手袋を置いておくのも忘れないようにしましょう。このように必要なものをセットにしておくことで、思いたった時にすぐに掃除ができて、汚れを放置することがなくなります。汚れが溜まってから掃除をすると、それだけ手間も時間もかかりますので、こまめに掃除をする、できれば汚れがほとんどない状態で予防的に掃除をすることで、より楽になり、長い目で見ると時間を無駄にしないで済みます。