自宅の掃除で使える効果的な薬品

家の中の汚れは場所によってかなり頑固で、一生懸命こすってもなかなか取れないものがあります。ところが、それぞれの汚れに見合った薬品もしくは洗剤を使うと、あっという間に綺麗になって手間も労力もかからなくなります。僕らのようなプロのクリーニング業者は、こうした薬品の使い道を知っているため、より速く、そしてより綺麗に仕上げることができるのです。もちろん、プロ用の洗剤と家庭で普通に使えるものは異なりますが、持っていると便利な家庭用の薬品がいくつかあります。

その代表例としては、塩素系漂白剤、重曹、クエン酸です。まず塩素系漂白剤ですが、これは強い殺菌性のある薬品でカビ汚れに効果を示すと考えておくと良いでしょう。また、漂白効果が強いので、黒ずんだものを白くするのに役立ちます。使える箇所としては、お風呂などのカビが発生しやすいところ、キッチン用品、たとえば黒ずんでくるプラスチック製のまな板などがあります。お風呂の掃除では、適量に薄めたもの、もしくは薄めた状態で販売されているものをスプレーでタイルや壁面にまんべんなく吹き付けてから、しばらく置いておき、その後水洗いや吹き上げをするというものです。家庭用の塩素系漂白剤は弱めで、カビが生えてしまってからの使用だとあまり効果がないこともありますので、カビが生えないように定期的に使うという予防的措置がベストです。また、まな板の掃除では、キッチンペーパーをまな板に載せて、そこに塩素系漂白剤を振りかけてしばらく置くという方法が効果的です。塩素はガスが発生して危険なこともありますので、必ず換気を良くして使うこと、ゴム手袋を使用することを徹底しましょう。

重曹は皮脂、油汚れ、錆などに効果的です。薬局などで安く粉状のものが売っていますし、スーパーで食品用のものを購入しても大丈夫です。使い方はとても簡単で、ガスレンジ周りなどの汚れがこびりついてしまっているところに、まんべんなく重曹を振りかけ、その上から水を垂らしてしばらく置いておきます。その後、歯ブラシなどでこすっていくと結構簡単に頑固な汚れが取れていきます。炭酸ガスが要ですので、重曹がない時はコーラなどの炭酸飲料をかけてこすっても効き目があります。

クエン酸は水垢をとるのにいいので、蛇口や鏡などをクエン酸をかけて柔らかいものでこするとピカピカになります。まるで新品のような輝きが戻ってきますので、常備しておくといいかと思います。