ごちゃごちゃと汚れが溜まりにくい家にする

いつでも家の中を綺麗な状態にしておきたいと思っても、すぐに物がごちゃごちゃしてきたり、台所やお風呂などの水回りが汚くなってしまうものです。もちろん、いつも掃除をして綺麗にしておくことができればベストなのですが、毎日忙しい生活を送っているとどうしても掃除が追い付かないことがあります。そのような場合は、できるだけ物がごちゃごちゃしない、汚れが溜まりにくいような習慣を身に着けることが大事です。

僕はハウスクリーニングや自動車の掃除をする仕事をずっとしてきましたので、汚れが溜まってから掃除をするということの大変さをよく理解しています。どうしようもなく汚くなってから僕らのような掃除業者に依頼をしてくる人がほとんどなのですが、いつもこうなる前に掃除をしていればお金も手間もかけなくていいのになー、と思ってしまいますね。

基本とも言えることですが、やはり家にしても自動車にしても、汚くなる前に掃除をする、もしくは汚くならないような習慣を着けるというのが大事だと思います。たとえば、一番汚れがひどくなる水回りであれば、手洗いを使ったらその都度水滴を拭く、そのためにも手拭き用のタオルの脇に、小さな拭き上げ用のタオルを用意しておくことをお勧めします。また、物が乱雑になる傾向があるなら、洋服をしまう場所、鍵などの小物を置く場所を指定しておき、小さなボックスをその決められたところに置いておくなどの方法が採れます。ちょっとした習慣づけでかなり家の中は綺麗に保てるものなのです。確かに、いちいちシンクや洗面所を使うたびに拭くというのは面倒に思えるかもしれませんが、実のところほんの数秒で終わる作業ですし、これをしておくと汚れがほとんど出てこないので結局より楽な方法なのです。

また、汚れが付きにくいように工夫する方法もあります。たとえば、家具や車のダッシュボードなどは、液体ワックスをごくごく軽く塗っておくと、ほこりも汚れもつきにくくなります。ほこりが乗ってきても、さっと拭くだけで取れますので、掃除がかなり楽になるのです。また、フローリングなどの床も薄めで構わないので専用のワックスを塗るようにすると、食品の汚れなどもつきにくくなりますのでとても掃除が簡単になります。こうした作業もやはり面倒に思えるものですが、その後の掃除のことを考えると結局より作業が楽になるものです。掃除を一生懸命するよりも、元々汚れがつきにくい工夫をする方が賢明ですね。